著作・発行物の紹介、教学に関する論文や裁判履歴・記録など

平成15年
11月11日
提訴
平成17年
6月6日
証人出廷 北林芳典証言
平成18年
1月23日
東京地裁 原告・北林芳典 勝訴
平成18年
8月24日
東京高裁 原告・北林芳典 勝訴
平成18年
12月12日
最高裁 原告・北林芳典 勝訴確定

本件訴訟は山崎正友著「『月刊ペン』事件 埋もれていた真実」(2001年4月 第三書館刊行)において、日本共産党・宮本顕治邸の電話盗聴事件に関与したと虚偽を記したので、名誉毀損を請求原因として訴えをなしたものである。

山崎は実に執念深い男である。山崎の悪事の真相を報ずる私に対し徹底して宮本邸電話盗聴犯のレッテルを貼ろうとした。山崎は長年にわたって同様の主張をし続けるという態度をもって、私が盗聴犯であるとの印象を社会的に作ろうとした。また裁判になった場合も、同様の主張をし続けることにより私がクロであるとの心証を裁判所側に得さしめようと謀ったのである。 この山崎の謀略的記述も裁判にたえうるものではなく、私は裁判において勝訴した。