北林芳典の公式ウェブサイト 著作・発行物の紹介、教学に関する論文や裁判履歴・記録など

|サイトマップ|
経 歴

1947.11.22

広島県呉市に生まれる。


1971

東京理科大学理学部物理学科を中退し、(株)新社会研究所に入社。月刊誌『情報パック』の編集にあたる。


1974

社団法人日本宗教放送協会発行の月刊誌『宗教評論』の編集長。


1979

月刊宗教情報紙『現代宗教研究』を創刊、主幹に。


1980~

フリーのジャーナリストとして活動。


1983

(株)報恩社を設立し代表取締役に就任、ほか数社を経営。

著 書

判 決

日蓮正宗妙観講連続電話盗聴事件読める


日蓮大聖人と最蓮房

師弟不二の契約読める


饒舌の故に

日顕の相承を保証する山崎正友の自己破綻


暁 闇

二枚舌・山崎正友と宗門問題読める


反逆の裏にある顔

元弁護士山崎正友の転落人生


許されざる悪徳元弁護士

山崎正友の正体


邪智顛倒

ペテン師にして恐喝犯 山崎正友の正体


大陰謀

悪の天才・山崎正友のすべて

発 行

「地涌」選集読める

北林芳典が代表取締役を務める(株)報恩社発行宗門問題を記録した歴史的一級資料「地涌」は、1991(平成3)年1月1日に創刊され、1996(平成8)年2月16日付の第901号までファックスにて発信された発信の対象は、1991年夏頃までは日蓮正宗の末寺のみ、それ以降は創価学会の全国主要会館にもファックスにて送信された「地涌」の編集長は不破優、発行元は日蓮正宗自由通信同盟『「地涌」選集』は、「地涌」編集長である不破優の書いた「地涌」、「JAN」あわせて900余号分より「地涌」500号分、「JAN」28号分を選び一書としたもの

裁判履歴

原告 宮本顕治

被告 北林芳典など


原告 北林芳典

被告 山﨑正友


原告 日蓮正宗妙観講、同講頭・大草一男

被告 創価学会、(株)第三文明社、(株)報恩社など


原告 北林芳典

被告 山崎正友、(株)日新報道


その他、2つの週刊誌に対し名誉毀損を請求原因とする損害賠償請求訴訟を起こした。いずれの出版社も裁判において書面で名誉毀損の事実を認め謝罪し、名誉毀損に基づく損害賠償金を払った。2つの出版社とも完敗したのである。

Page
Top